ビムーブ株式会社は、2016年4月1日より株式会社Jストリームと合併しました

本サイトに掲載のビムーブVIDEO、manabaux、BeHLS、WP-BemoovePluginは、新たなサービス提供を終了しております。サービス検討中の企業様向けには、株式会社Jストリームにて同等のサービスをご提案させてただきますので、お気軽にお問合せください。

動画が絡むシステム開発は
どこに出しても見積もりが予算超過...

こんなお悩みお持ちではないですか?

そんな時こそビムーブの出番です!

動画配信のプロフェッショナルである私たちだからこそ
最適な価格で動画組込みシステム開発を提供いたします。

ビムーブシステム開発の特長:その1

動画専門企業独自のノウハウで見極める

動画データは文字データや画像データとは比較にならないくらいに「重い」データです。1分の動画でも静止画数千枚分の容量になることも珍しくありません。このような重いデータを取り扱うことで、システム内外で様々な負荷が発生します。

しかし、実際にどのくらいの負荷が発生するかはサービスの運用が始まらないとわかりにくいため、システム開発会社は負荷に十分耐えられるように、プログラムもインフラもかなり安全マージンを確保した設計を行います。

しかし、この「安全マージン」が多くの場合実際には過剰であり、見積もりで目を見張る価格が提示される原因となります。

ビムーブは長年動画配信ASPを自社サービスとして提供しており、何万ファイル、何百万人への配信を行ってきた中で、様々なケースでの配信ノウハウを蓄積してまいりました。
そのノウハウを元に、お客様が要望される動画システム(サービス)にとって、最適な機能・環境を見極めた提案が可能となりました。

そのため、多くの場合お客様のご要望に120%お答えしつつ、コストを抑えたサービスの提供につながる結果となります。

ビムーブシステム開発の特長:その2

自社ASPサービス資源を最大限活用

動画を使ったサービスを新たに構築する場合、以下のような機能が必要となります。

  • 動画アップロード機能
  • 動画変換機能(元の動画からネット配信に適したデータに変換)
  • 動画データ管理機能(アップされた動画データ取得や削除)
  • 動画配信インフラ(想定同時接続数にあわせた回線などの用意)
  • 動画プレイヤー(PC、スマートフォンに対応)

これらの機能をゼロから構築すると、規模によってはそれだけで数百万円かかってもおかしくはありませんが、ビムーブは自社ASPサービスを最大限に活用するため、上記の機能をゼロから作ることはまずありません。

そのため、本来動画機能構築で必要であったであろうコスト差分を、その他の開発部分に充てることができるようになります。

また、すでにASPで実績のある堅牢なシステム上での動画配信が行われるため、信頼性の高い動画配信サービスが実現できます。

システム開発事例

ビムーブにて構築した、動画配信システム開発の事例をご紹介いたします。

システム開発事例

ビムーブのサービスをご利用いただいた企業様の一部をご紹介いたします。(順不同)

  • リクルート様
  • ソフトバンクモバイル様
  • NTTラーニングシステムズ様
  • 明治安田生命様
  • シチズン様
  • 楽天様
  • IMJ様
  • サンケイリビング新聞社様
  • 公益財団法人放送番組センター様
  • インフォコム様
  • イドエンターテイメント様
  • 東芝ソリューション様
  • Hulu様
  • タマホーム様
  • 大塚商会様
  • LIXIL様

動画とシステム開発で困ったら、お気軽にご相談ください

動画配信のプロフェッショナルである私たちだからこそ最適な価格で動画組込みシステム開発を提供いたします。

お問合せはこちら