ビムーブ株式会社は、2016年4月1日より株式会社Jストリームと合併しました

本サイトに掲載のビムーブVIDEO、manabaux、BeHLS、WP-BemoovePluginは、新たなサービス提供を終了しております。サービス検討中の企業様向けには、株式会社Jストリームにて同等のサービスをご提案させてただきますので、お気軽にお問合せください。

ストリーミング配信とその方法

ストリーミング配信とは一体なんなのでしょうか?インターネット上で動画をダウンロードしながら同時に再生すること、とある用語辞典を調べると書かれていますがあくまでも広義の意味でのストリーミングであって、厳密な意味でのストリーミングとはいえません。
プログレッシブダウンロードと呼ばれる配信方式もまた動画をダウンロードしながら同時に再生する方式があるからです。

配信方式の違い

一般的に言われているストリーミング配信とはどのような配信方式なのでしょうか?

ストリーミング配信とはプログレッシブダウンロードと比較した際に、よりセキュリティに優れた配信方法だと言えます。
プログレッシブダウンロードとの違いは2点あります。
それは「配信サーバ」と「配信プロトコル」です。

ストリーミング用の配信サーバはいわゆるWebサーバとは違い、専用サーバが用意されます。
ストリーミング配信される音楽・動画のメディアファイルを配信するためにWebサーバとは違う特殊な構成のサーバが利用されています。

ストリーミング用のプロトコルはWebサーバへのアクセスに使用されるHTTPではないことが多くあります。
後述しますがストリーミング中でも更に細かな種類があり、厳密にはHTTPによるものもあるのですが、多くのストリーミング用のプロトコルはHTTPではない特殊なプロトコルが利用されていました。

上記2点の違いにより、プログレッシブダウンロードによる配信よりもセキュリティに優れているといえます。
それは動画を再生するために再生部分のパケットをリアルタイムでやりとりしているため、視聴端末への動画ファイルのキャッシュメモリへの一時ダウンロードを防ぐためです。
つまりデータをローカルディスクにファイルとして残さないことにより、セキュリティの高い配信方式といえます。

また、リアルタイムでやりとりしているため、どの場面からでも即時再生が可能であるという特長を持ちます。

まとめるとストリーミング配信とはセキュリティが高く、即時再生機能に優れた配信方式であると言えます。

ストリーミング配信のメリット

前述のとおりストリーミングは仕様上、ファイルをローカルの一時フォルダへダウンロードすることなく再生します。
そのためローカルに保存させることができない著作権のある動画などに強く、また長尺の動画の場合でも端末のストレージ容量に左右されず、視聴が可能です。

またプログレッシブダウンロードのように最初から徐々に動画をダウンロードしていき、ダウンロードされている部分しか見ることができないということはなく、ストリーミング配信であれば好きな箇所から動画を視聴することが可能です。
このメリットを活かして以下のような活用のされ方をしています。

ストリーミングの活用シーン

ストリーミングの活用シーンの多くはやはり動画自体のセキュリティの高さに依るところが大きくなっています。以下のようなシーンが考えられます。

●長尺および大人数が視聴をする動画
 →セミナー配信
 →人気・話題の動画
●動画コンテンツ販売
●社外秘のノウハウやメッセージ動画を社員のスマートフォンに配信したい
●著作権の絡むCM動画

セキュリティ上端末に保存されないことで活用される「動画コンテンツ販売」「社外秘動画」「著作権の絡む動画」など動画自体を外部に漏れないようにストリーミングを採用する、という選択が一般的です。

もう一点、動画を途中からでも再生できること、そして大量のアクセスに耐えられること(プログレッシブダウンロードやダウンロード形式だと動画を最初からすべてダウンロードするため、再生箇所のみを随時ダウンロードするストリーミング形式よりも負荷がかかります)を重視する場合、セミナー配信や人気・話題の動画を配信する際には役立ちます。

サービスに関するお問い合わせ

本サイトに掲載のビムーブVIDEO、manabaux、BeHLS、WP-BemoovePluginは、新たなサービス提供を終了しております。サービス検討中の企業様向けには、株式会社Jストリームにて同等のサービスをご提案させてただきますので、お気軽にお問合せください。

お電話でのお問い合わせ

0120-65-8140

受付時間 10:00~18:00(土日祝日を除く)
お電話は運営会社(株式会社Jストリーム)に接続いたします。